Event is FINISHED

ヘルスケアIoTコンソーシアム 2019年度総会(会員限定)/公開シンポジウム Healthcare IoT Consortium (HIT) Annual meeting 2019 & International Symposium 2019

Description

<2019年度総会 Annual meeting 2019(会員限定 HIT Members only)>

開催日時:2019年5月21日(火)13:00~14:20(受付開始:12:15)
Time:May 21st (tue), 2019, 13:00~14:20

開催場所:東京大学本郷キャンパス 小柴ホール(理学部1号館中央棟2階)
Venue:Koshiba Hall, The University of Tokyo

*小柴ホールへは、学内の案内板に従ってお越しください。

アジェンダ(予定)agenda(tentative):

1.活動報告・活動方針発表
 ・2018年度活動実績 
 ・収支報告
2.監査報告
3.2019年度事業方針発表
4.2019年度予算計画発表
 ・2019年活動計画
 ・予算計画
5.規約変更案提案
6.各部会活動報告
7.決議事項説明、質疑応答・決議
8.HITプラットフォームの活用方法説明

申込締切:5月16日(木)18時
Entry deadline:May 16th (Thu), 2019, 18:00
※2019年度総会はHIT会員のみ参加可能 HIT Members only


<公開シンポジウム>
ヘルスケアIoTコンソーシアム(HIT)国際シンポジウム 2019: ヘルスケアIoTと感情コンピューティングの融合
Healthcare IoT Consortium (HIT) International Symposium 2019: Healthcare IoT meets Affective Computing

開催日時:2019年5月21日(火)14:30-18:00(受付開始:14:00)
Time:May 21st (tue), 2019, 14:30-18:00

開催場所:東京大学本郷キャンパス 小柴ホール(理学部1号館中央棟2階)
Venue:Koshiba Hall, The University of Tokyo

*小柴ホールへは、学内の案内板に従ってお越しください。



【趣旨】
2014年3月に発行された米国Pew Research Centerの報告書「Digital Life in 2025」では、あらゆるモノがインターネットにつながるIoT(Internet of Things)をはじめとする情報通信技術(ICT)の発展が10年後の我々の生活をどのように変えるかという点についての有識者インタビューがまとめられており、そのなかで多くの有識者が医療と公衆衛生への影響を挙げている。典型的には、ウェアラブルデバイスと家庭・職場のセンサが浸透することにより、疾病自体に加えそのリスクの初期検知が可能となり、日々の、あるいは時々刻々の処方や行動変容が可能となるかも知れないというものである。例えば、IoTの代表例であるスマートフォンなどの携帯型電子機器を計測・記録機器として用い、日常生活下でのその瞬間の生体状態(気分・症状・生体信号)を実時間で記録・クラウド化したり、さらにはその結果に基き介入を行ったりすることも可能になってきた。前者はEcological Momentary Assessment (EMA)として古くから知られ、後者はEcological Momentary Intervention(EMI)と呼ばれる概念であるが、近年の技術発展によりこのようなヘルスケアIoT(あるいはモバイル・ヘルス)技術の本格応用が現実味を帯びてきたということである。

また、ICT/IoT を基盤とした新たな技術として、人間の情動や関連する感情現象を認識・解釈・シミュレーションするシステムの設計を目指す「Affective Computing (AC)」が注目を浴びている。ACは、例えば様々なセンサ信号 (視覚、聴覚、身体的、生理的) からの感情状態の認識のためのアルゴリズムと特徴の発見や、人間の感情過程の計算モデル(例: 意思決定モデル)を扱っており、行動科学/行動医学(そして行動変容)のための不可欠なツールとなると考えられている。本シンポジウムでは、AC分野の先駆的な研究者として国際的に高名なBjoern W. Schuller教授を招き、ヘルスケア IoT (モバイル・ヘルス)や AC の現状とそれらの融合可能性についても議論する。

【Aim】
In March 2014, United States Pew Research Center published a report called "Digital Life in 2025." This report covers interviews with experts on how the development of information and communication technologies (ICT), including the internet of things (IoT), will change our daily living in the ten years to come, and many experts have cited the effects on medical and public healthcare. Typically, by using wearable devices and/or home and workplace sensors permeated in our daily life, that can help us make ongoing lifestyle changes and provide early detection for disease risks, not just disease, we may literally be able to adjust both medications and lifestyle changes on a day-by-day basis or even an hour-by-hour basis. For example, using portable electronic devices such as smartphones, which are representative examples of IoT as measurement and recording equipment, it has become increasingly possible to record and cloud in real time the bio-behavioral state (e.g., mood, symptoms, and biological signals) at the moment in the daily life, and in addition to deliver adaptive interventions based on the analytical results. The former has been known for many years as Ecological Momentary Assessment (EMA) and the latter is a concept called Ecological Momentary Intervention (EMI), but the full-scale implementation of such a Healthcare IoT (and/or mobile health) technology has been tinged with the reality by the technological development in recent years.

Another emerging technology based on ICT/IoT, the design of systems that can recognize, interpret, and simulate human emotions and related affective phenomena, is “Affective Computing (AC)”. It deals with topics such as finding algorithms and features for the recognition of affective state from various sensor signals (visual, auditory, physical and physiological) and computational models of human emotional processes (e.g., decision-making models that account for the influence of emotion), both are considered to become essential tools for behavioral science/medicine (and behavioral change). With Prof. Bjoern W. Schuller, one of the world-wide pioneers, as a keynote speaker for AC, this symposium aims at discussing the current status of Healthcare IoT (and/or mobile health) and AC and also possible integration among them.


【プログラム Program】

座長:中村 亨(大阪大学)
Chairman: Toru Nakamura (Professor, Osaka University)

イントロダクション

IoTが拓くヘルスケアの近未来~HITの挑戦~
山本 義春(東京大学教授、HIT会長)

Introduction
Future of Healthcare IoT: Challenge of HIT
Yoshiharu Yamamoto (Professor, The University of Tokyo and President of HIT)

基調講演
IoT時代の黎明期における健康・福祉のための感情コンピューティング
Björn W. Schuller (Professor, University of Augsburg and Imperial College London)

Keynote Lecture
Affective Computing for Health and Wellbeing at the Dawn of the IoT Era
 Björn W. Schuller (Professor, University of Augsburg and Imperial College London)

話題提供(1)
EMAデータをモバイルヘルスケアシステムに統合することの潜在的重要性
金 鎭赫(静岡大学講師)

Talk #1
Potential Benefits of Integrating EMA Data into mHealth Care Systems
Jinhyuk Kim (Assistant Professor, Shizuoka University)

話題提供(2)
デジタルマーケッティングへの感情コンピューティングの応用
村瀬 健太郎(富士通研究所主管研究員)

Talk #2
Application of Affective Computing in Digital Marketing
Kentaro Murase (FUJITSU LABORATORIES LTD.)

話題提供(3)
抑うつ状態の機械学習および判別
Kun Qian(東京大学特任研究員)

Talk #3
Teaching Machines to Know Your Depressive State
Kun Qian (Project Researcher, The University of Tokyo)


※プログラムは変更になる場合がございますのであらかじめご了承ください。


会費:
【HIT会員】  無料
【HIT会員以外】3,000円 ※前払い制 


Fee:
【HIT members】  Free
【Others】¥3,000 ※Prepaid system 


申込締切:5月16日(木)18時
Entry deadline:May 16th (Thu), 2019, 18:00
※会場の都合上、定員に達し次第申込受付を締め切らせていただきます。ご参加を予定されている方は、お早めにお申し込みください。
※For the convenience of the venue, it will be closed as soon as application acceptance reached capacity. If you are planning to attend, please sign up as soon as possible.


<懇親会  Party> 立食パーティー形式 Buffet ※希望者会費制 Collect a participation fee

開催日時:2019年5月21日(火)18:15~20:00
Time:May 21st (tue), 2019, 18:15~20:00

会場: 東京大学本郷キャンパス 「山上会館 かどや
Venue:Sanjyo Kaikan ”Kadoya”, The University of Tokyo



会費:【HIT会員・HIT会員以外共通】5,000円 ※前払い制 
Fee:【HIT members & Others】¥5,000 ※Prepaid system 


申込締切:5月16日(木)18時 ※締め切り延長しました
Entry deadline:May 16th (Thu), 2019, 18:00

※会場の都合上、定員に達し次第申込受付を締め切らせていただきます。ご参加を予定されている方は、お早めにお申し込みください。
※For the convenience of the venue, it will be closed as soon as application acceptance reached capacity. If you are planning to attend, please sign up as soon as possible.


※申込締切後のキャンセルはお受けしかねます。何卒ご了承くださいませ。
※Cancellation after entry deadline can not be accepted. Thank you for your understanding.


参加をご希望の方は、画面右側の「チケットを申し込む」をクリックし、参加者人数分のチケットを選択、必要事項ご記入の上、チケットを入手ください。
If you would like to participate, please click "Get Ticket" on the right side of the screen, select tickets for the number of participants, fill in the required items, and get a ticket.
※会員・非会員、懇親会参加有無で参加費が異なります。お間違いのないようチケットを選択ください。
The participation fee differs depending on whether you are a member or non-member or joining the party. Please select a ticket so as not to make a mistake.


【チケット種別 Ticket 】

  • Ticket A【会員 member】2019年度総会及びシンポジウム参加(懇親会参加):2019年度総会、公開シンポジウム、懇親会すべて参加される方 Join Annualmeeting2019,International Symposium 2019 and Party(¥5,000)
  • Ticket B【会員 member】2019年度総会のみ参加(懇親会参加):2019年度総会、懇親会に参加される方 Join Annualmeeting2019 and Party (¥5,000)
  • Ticket C【会員 member】シンポジウムのみ参加(懇親会参加):公開シンポジウム、懇親会に参加される方 Join International Symposium 2019 and Party(¥5,000)
  • Ticket D【会員 member】懇親会のみ参加:懇親会のみ参加される方 Join Party(¥5,000)
  • Ticket E【会員 member】2019年度総会及びシンポジウム参加(懇親会不参加):2019年度総会、公開シンポジウムに参加される方 Join Annualmeeting2019 and International Symposium 2019(¥0)
  • Ticket F【会員 member】2019年度総会のみ参加(懇親会不参加):2019年度総会のみ参加される方 Join Annualmeeting2019(¥0)
  • Ticket G【会員 member】シンポジウムのみ参加(懇親会不参加):公開シンポジウムのみ参加される方 Join International Symposium 2019(¥0)
  • Ticket H【非会員 Others】シンポジウム参加(懇親会参加):公開シンポジウム、懇親会に参加される方 Join International Symposium 2019 and Party(¥8,000)
  • Ticket I【非会員 Others】シンポジウム参加(懇親会不参加):公開シンポジウムのみ参加される方 Join International Symposium 2019(¥3,000)
  • Ticket J【非会員 Others】懇親会のみ参加:懇親会のみ参加される方 Join Party(¥5,000)


参加費はPeatix上でお支払いいただきます。
表示される方法のうち、ご希望の方法を選択の上お支払いをお願いいたします。領収書はチケット画面から取得可能です。
Participation fee will be paid on Peatix. Please make a payment after selecting the desired method. The receipt can be obtained from the ticket screen.

「tickets@peatix.com」より、申込みされた方のアカウント宛にメールが届きますのでご確認をお願いいたします。
An email will be sent from "accounts@peatix.com" to the account of the applicant, so please check the email.

2019年度総会への参加はコンソーシアム会員に限定させて頂きます。非会員の方は参加いただけませんのでご了承ください。
Participation in the Annualmeeting2019 is limited to HIT members.
※本会では、1会員につき3名までご参加いただけます。それ以上の参加ご希望の場合は事務局までご相談ください。
Up to 3 members per member can attend at these events. If you would like to participate further, please contact the HIT secretariat.
※会場の都合により定員に達した場合ご参加いただけない可能性もございます。予めご了承ください。
For the convenience of the venue, it will be closed as soon as application acceptance reached capacity.
※ご欠席、ご出席者様をご変更される場合は必ず事務局もしくは当日連絡先までご連絡ください。
If you absent or change your attendance, please contact the HIT secretariat or 080-4193-3762(Hatanaka).
※キャンセルに関して Cancellation
お申込み後にPeatix上でお客さまが直接キャンセルすることはできません。キャンセルご希望の場合は、Peatixチケット画面「主催者へ連絡」ボタンより事務局までご連絡ください。
Customers can not cancel directly on Peatix after applying. If you want to cancel, please contact the HIT secretariat from Peatix Ticket screen "Contact Organizer" button.

また、申込期限を過ぎての懇親会のキャンセルにつきましては、チケット代をキャンセル料として全額お支払いただきます。
できるだけ代理の方にご参加いただけるようご調整いただければと存じます。
In addition, upon cancellation of the banquet after the application deadline, the entire ticket fee will be charged as the cancellation fee. But you can change the attendee.
申込期限内であっても、以下の場合は返金手数料としてキャンセル1件につき500円の手数料が発生します。(有料チケットのみ)Even within the application deadline, a fee of 500 yen will be incurred per cancellation as a refund fee in the following cases. (Paid tickets only)
(1)クレジットカード払いにて支払日から50日以上経過している場合 If more than 50 days have passed from the payment date by credit card payment
(2)コンビニ・ATM払いでチケットを購入した場合 Buying a ticket at a convenience store or ATM payment 

詳細は以下を参照ください。
https://help.peatix.com/customer/ja/portal/articles/151985-%E3%83%81%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%84


Please see below for details.
https://help.peatix.com/customer/en/portal/articles/151985-%E3%83%81%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%84

【当日連絡先 Contact】

ニューチャーネットワークス 080-4193-3762(畑中)

Nuture Networks 080-4193-3762(Hatanaka)

【お問合せ HIT secretariat 】
ヘルスケアIoTコンソーシアム事務局 HIT secretariat
〒104-0031 東京都中央区京橋3-1-1 東京スクエアガーデン14F WeWork
株式会社ニューチャーネットワークス内
Tokyo Square Garden 14F, 3-1-1 Kyobashi, Chuo-ku
Tokyo, 13 104-0031
TEL:050-3381-9547
電子メール Email:info@healthcareiotcons.com
URL:https://healthcareiotcons.com/
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#435247 2019-05-17 05:01:33
More updates
Tue May 21, 2019
1:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
Ticket A【会員】2019年度総会及びシンポジウム参加(懇親会参加) SOLD OUT ¥5,000
Ticket B【会員】2019年度総会のみ参加(懇親会参加) SOLD OUT ¥5,000
Ticket C【会員】シンポジウムのみ参加(懇親会参加) SOLD OUT ¥5,000
Ticket D【会員】懇親会のみ参加 SOLD OUT ¥5,000
Ticket E【会員】2019年度総会及びシンポジウム参加(懇親会不参加) FULL
Ticket F【会員】2019年度総会のみ参加(懇親会不参加) FULL
Ticket G【会員】シンポジウムのみ参加(懇親会不参加) FULL
Ticket H【非会員】シンポジウム参加(懇親会参加) SOLD OUT ¥8,000
Ticket I【非会員】シンポジウム参加(懇親会不参加) SOLD OUT ¥3,000
Ticket J【非会員】懇親会のみ参加 SOLD OUT ¥5,000
Venue Address
東京都文京区本郷7-3-1 理学部1号館 中央棟2階 Japan
Organizer
ヘルスケアIoTコンソーシアム
309 Followers